愛知の出前人気は肉メニュー!サーロインステーキやローストビーフ丼が上位にランクイン

出前・デリバリーに関する調査研究と情報発信を行う『出前総研』は、愛知にある出前店舗でどのような商品の出数が多いのかを調査し、2018年4月の1店舗あたりの出前館の商品出数TOP10と伸び率TOP10を発表いたします。

********************************************

出前注文商品出数TOP10

1位 カリカセット(1,650円/インド料理 カリカ)

2位 熟成牛サーロインステーキ おろしソース弁当(1,390円~/宅配弁当 美食)

3位 サーロインステーキ(1,600円~/鉄板屋ガーデン)

4位 焼きギョーザ/6個(400円/中華料理 大盛華)

5位 かつ丼(730円/宅配丼専門店 丼ちゃん)

6位 茶碗蒸(490円/すし八)

7位 ローストビーフ丼(1,300円/ビーフキッチン)

8位 バターチキンカレー+ナン(1,180円/出前王 栄店)

9位 唐揚げ弁当(680円/中華料理 日升)

10位 串カツ/1本(150円/俺の丼)

********************************************

<考察>

2018年4月の1店舗あたりの出前注文商品出数がもっとも多かった商品は「インド料理 カリカ」のカレー、ナン(またはライス)、サラダ、タンドリーチキン、チキンティッカ、シークカバブがセットになった「カリカセット」でした。同店は愛知県以外に、東京にも系列の店舗があります。東京と愛知それぞれの1店舗あたりの商品のランキングを見ると、「チキンカレー」や「バターチキン」、「チーズナン」などインド料理店で人気の定番メニューがいずれの地域でも上位に来ていますが、商品の出数では愛知が東京の約2倍近くありました。

2位には「宅配弁当 美食」の「熟成牛サーロインステーキ~おろしソース弁当」でした。同店はステーキ弁当や生姜焼き弁当、味噌カツ弁当などの肉系弁当のほかに中華弁当や丼、焼きそば、餃子、みそ汁などのサイドメニューまで様々な商品を扱っています。同店のランキングを見ると「大阪名物 串カツセット」、「青森産アップルパイ」、「北海たこから揚げ」などのメニューも上位にランクインしていました。

6位に「茶碗蒸」がランクインした「すし八」は、1人前の握りメニューを数種類扱っており、中でも「友禅(10貫/1,360円)」「大島(12貫/2,100円)」の1人前の盛合わせが多く出ています。出前注文データによれは1人前の盛合わせは1人での食事需要に対応しており、それと一緒に頼まれることの多い「茶碗蒸」の商品出数が伸びると考えられます。

同時期の東京、大阪それぞれの商品出数のランキングを見ると、東京はハンバーガー、大阪は餃子が上位を占めているのに対し愛知はサーロインステーキ、ローストビーフ、カツ丼、串カツなどの肉系メニューが上位を占めていることがわかりました。

********************************************

出前注文商品出数TOP10

1位 とろサーモン(180円/グルメ出前すし一心)

2位 温たま 牛しぐれ甘露重 上(1,404円/贅沢和食 重亭 はなやぎ)

3位 茄子カレーうどん(961円/匠のカレーうどん 道頓堀 亀一)

4位 オニオンリング(400円/Waves Burger)

5位 紅ズワイガニグラタンコロッケ/1個(290円/宅配弁当 美食)

6位 さけ御飯 並(842円/匠のカレーうどん 道頓堀 亀一)

7位 温たまカレーうどん(982円/匠のカレーうどん 道頓堀 亀一)

8位 活〆真鯛(150円/グルメ出前すし一心)

9位 本まぐろ中トロ(370円/グルメ出前すし一心)

10位 特製うま辛手羽中/5本(280円/宅配丼専門店 丼ちゃん)

********************************************

<考察>

伸び率の1位は春日井市にある寿司店「グルメ出前すし一心」の「とろサーモン(一貫)」で、8位、9位にも一貫メニューの寿司がランクインしていました。出前注文データによると、先述の「すし八」でも好きな寿司ネタの単品注文(2貫)はありましたが、注文者の半分は1回の注文での商品数は1~2商品でほとんどが寿司の盛合わせだったのと比べて、「すし一心」は盛合わせより一貫メニューの注文が多く、1回に10商品以上をオーダーする注文が全体の半分近くを占めていました。

3位と6位、7位は「匠のカレーうどん 道頓堀 亀一」でした。同店はカレーうどん以外にかすうどんやお重などのご飯ものも扱う出前専門店です。出前の注文内容は「メインのうどん+α」というものが多く、一人暮らし需要を多く受けていると見られます。

1店舗あたりの出前商品出数でも伸び率でも上位にランクインしている店舗の出前注文では1人分注文が多く見られました。愛知の最低注文金額は東京と比較して低く1人前の「メイン料理+サイドメニューもしくは飲み物」を注文しやすいことが考えられます。

今後も『出前総研』では、最新の出前・デリバリーに関する調査研究と情報発信を行って参ります。

※本リリースに記載されている会社名および商品・サービス名は、各社の商標または登録商標です。

※本レポートの商品価格はすべて税込価格です。また、価格は地域によって異なる場合があります。


【調査概要】
愛知県の2017年4月と2018年4月の商品出数を元に独自の算出方法で集計

出前総研 blog

日本最大級の宅配ポータルサイト『出前館(https://demae-can.com/)』に蓄積してきたデータベースをもとに、出前・デリバリーを含む中食に関する領域を総合的に調査・研究し、情報発信していきます。