兵庫の出前は揚げ物が人気、からあげ・とんかつで半数を占める

出前・デリバリーに関する調査研究と情報発信を行う『出前総研』は、兵庫にある出前店舗でどのような商品の出数が多いのかを調査し、2018年3月の1店舗あたりの出前館の商品出数TOP10と伸び率TOP10を発表いたします。

********************************************

出前注文商品出数TOP10

1位 からあげ弁当(580円/たいしょー)

2位 ハンバーグ弁当(880円/たいしょー)

3位 からあげ/1個(90円/たいしょー)

4位 カツ丼弁当(590円/かつや)

5位 もも(280円/からあげ専門店 こがね)

6位 本格焼餃子/6個(330円/バーミヤン)

7位 とんかつ弁当(780円/たいしょー)

8位 熟成重ねかつ弁当(1,390円/かさねや)

9位 新・から揚げ弁当(540円/ほっともっと)

10位 そで(260円/からあげ専門店 こがね)

********************************************

<考察>

2018年3月の1店舗あたりの出前注文商品出数がもっとも多かった商品はお弁当宅配店「たいしょー」の「からあげ弁当」でした。同店の商品はお弁当類が580~880円、お惣菜類が90~420円と手頃な価格にくわえて、最低注文金額が720円~となっており、お弁当1つからでも注文できるようになっています。注文実績を見るとお弁当1つだけの注文が全体の4分の1を占めており、おひとり様注文の出前ニーズを取り込んでいることがうかがえます。その結果、上位10商品のうち4商品を同店が占めています。

今回のランキングでは、「からあげ」に関するメニューが上位の半数を占めていました。5位と10位に入った「からあげ専門店 こがね」は、10位以降も11位に「むね(240円)」、13位に「ずり(260円)」、14位に「かわ(220円)」といった単品のからあげ商品がランクインしています。同店の注文状況を見ると、からあげ弁当と一緒に単品商品を注文しているほかに、夜の注文では弁当は注文せずからあげ単品をいくつか注文する、といったものも多く見られました。5位にランクインした「そで」は、むね肉と手羽元の付け根の部分で一羽から約30gしか取れない希少な部位です。

今回のランキングを見ると1位から10位のうち、8商品がからあげ、もしくはとんかつなどの揚げ物商品でした。総務省統計局が行っている家計調査を元に、1世帯あたりの調理加工品の「コロッケ」「カツレツ」「天ぷら・フライ」それぞれに対する年間支出額を見たところ、兵庫県は47都道府県中どの項目においても25位前後にきており、他の地域に比べて揚げものを多く食べる傾向にはないのに、出前注文において揚げ物の注文が多いと考えられます。

********************************************

出前注文商品伸び率TOP10

1位 手ごねBIGハンバーグステーキ200g(900円/Mother's)    伸び率:723%

2位 おまかせ日替弁当(800円/Mother's)            伸び率:373%

3位 チキンステーキオレンヂ風味の照焼きソース(900円/Mother's)伸び率:367%

4位 マルゲリータ(1,803円~/PIZZA SALVATORE CUOMO)        伸び率:364%

5位 チーズナン(515円/Namaste Ganesh Mahal)          伸び率:356%

6位 チーズナン(500円/インド料理 ナマステ インディア)    伸び率:316%

7位 我が家のたまご焼き(450円/Mother's)            伸び率:311%

8位 花あわせ(1,080円/阪急デリカアイ)             伸び率:300%

9位 五目焼めし(1,060円/中華食堂 萬龍)            伸び率:280%

10位 仙石(1,150円/味よし)                    伸び率:270%

********************************************

<考察>

伸び率の1位~3位は湊川公園にあるハンバーグやデリカテッセンを扱う「Mother’s」のお弁当3品でした。同店の商品は4位にもランクインしています。

 5位と6位は「チーズナン」でした。両商品ともほとんどの注文でカレーとセットでした。昨年の3月はカレーとのセットは「プレーンナン」の方が「チーズナン」よりも多かったことから見ると、「チーズナン」が大きく伸びたと言えます。東京などインド料理店の多い地域では「チーズナン」は既に定番商品となり、「ゴマナン」「ココナッツナン」「チョコレートナン」などの新しいナンの注文が増えてきているため、今後兵庫でも「チーズナン」が定番化し、そういった新しいナンの注文が伸びる可能性があります。

 兵庫では1店舗あたりの出前商品出数でも、商品出数の伸び率でもお弁当メニューが上位にランクインしており、大勢で集まる特別なシーンよりも、日常的に出前が利用されていると考えられます。

今後も『出前総研』では、最新の出前・デリバリーに関する調査研究と情報発信を行って参ります。

※本リリースに記載されている会社名および商品・サービス名は、各社の商標または登録商標です。

※本レポートの商品価格はすべて税込価格です。また、価格は地域によって異なる場合があります。


【調査概要】
兵庫県の2017年3月と2018年3月の商品出数を元に独自の算出方法で集計

出前総研 blog

日本最大級の宅配ポータルサイト『出前館(https://demae-can.com/)』に蓄積してきたデータベースをもとに、出前・デリバリーを含む中食に関する領域を総合的に調査・研究し、情報発信していきます。