北海道の出前人気はスープカレー!伸び率ではガパオライスが前年同月比500%超

出前・デリバリーに関する調査研究と情報発信を行う『出前総研』は、北海道にある出前店舗でどのような商品の出数が多いのかを調査し、2017年12月の1店舗あたりの出前館の商品出数TOP10と伸び率TOP10を発表いたします。

********************************************

出前注文商品出数TOP10

1位 チキチキ/chicken leg(1,230円/カオス ヘヴン)

2位 新!元祖焼餃子(280円/大阪王将)

3位 チキンスープカリー(1,150円/グーニーズ)

4位 からあげ(しょう油)/単品1個(120円/元町はらぺこ亭)

5位 冬味祭り第一弾 冬の湯の川季節の極上寒ブリとマグロ中トロ

    全39貫+若鶏唐揚げ7ヶ付(3,950円/はこいち)

6位 味噌ラーメン(800円/ラーメン さんぱち)

7位 ホルカラスープカリー(1,150円/グーニーズ)

8位 ギョーザ(300円/ラーメン さんぱち)

9位 ミルフィーユカツカレー(1,580円/ホームランカレー)

10位 R9バーガー(900円/DINERS CAFE Route Nine)

********************************************

<考察>

2017年12月の1店舗あたりの出前注文商品出数が最も多かった商品は札幌のスープカレー店「カオス ヘヴン」のチキンレッグが入ったスープカレー「チキチキ」でした。

スープカレーは「チキチキ」以外にも、同じく札幌のスープカレー店「グーニーズ」の「チキンスープカリー」が3位に、「ホルカラスープカリー」が7位にランクインしています。また、10位以降も11位「豚角煮のスープカリー(1,200円/グーニーズ)」、15位「柔らかチキンのスープカレー(1,030円/ALLEGLA)」、16位「トンチキ(1,330円/カオス ヘヴン)」、19位「チキンカリー(1,050円/スープカレーばぐばぐ)」とスープカレーがランクインしており、スープカレー発祥の地である北海道では出前でもスープカレーの人気がうかがえます。

一方で、9位にランクインした「ホームランカレー」はルー使ったカレー(いわゆる欧風カレー)のお店です。2017年頃から、ルーを使ったカレーの人気が復活してきており、札幌ではスープカレーの人気に迫る勢いとも言われています。そういった状況の中、出前でもルーカレーの注文が伸びているのかもしれません。

2位には「元町はらぺこ亭」の「からあげ(単品)」が入りました。同店の1店舗当たりの商品出数を見ると、2位が「からあげ弁当(570円)」、3位が「Bペッパーからあげ(単品)」と続きます。北海道では「ザンギ(北海道の唐揚げの名称)」がソウルフードと言われおり、からあげも「ザンギ」同様に人気のようです。

6位には「ラーメン さんぱち」から北海道名物の「味噌ラーメン」がランクインしました。同店は8位に「ギョーザ」も入っており、ラーメンと一緒に餃子を注文するシーンが想定されます。

********************************************

出前注文商品伸び率TOP10

1位 ガパオライスBOX(800円/ホーチミン・シーサイド・マーケット)伸び率:546%

2位 塩ラーメン(800円/ラーメン さんぱち)           伸び率:493%

3位 ちくわ1本(60円/甚兵衛)                  伸び率:390%

4位 五目チャーハン(700円/とんかつ・中華料理の「うまい館」)  伸び率:353%

5位 ポーク生姜焼き幕ノ内弁当(1,000円/京風だし巻き きんせい堂) 伸び率:336%

6位 小ライス(100円/ラーメン さんぱち)            伸び率:311%

7位 野菜カリー(1,050円/SHO-RIN)               伸び率:309%

8位 納豆巻き(270円/はこいち)                 伸び率:287%

9位 ケバブサンド(ビーフ)(680円/ケバブステーション)     伸び率:278%

10位 チキンフィレサンド(390円/ケンタッキーフライドチキン)   伸び率:276%

********************************************

<考察>

出前注文商品出数TOP10は、「スープカレー」や「味噌ラーメン」など北海道らしい商品が多く見られましたが、伸び率TOP10は、以下のような出前商品が伸びていました。

伸び率の1位は「ホーチミン・シーサイドマーケット」の「ガパオライスBOX」でした。「ガパオライス」は、挽き肉と赤・黄ピーマン等の野菜にバジルを加えていためたものをご飯にかけた料理で、ここ数年で伸びてきているエスニック需要を受けた結果だと思われます。

 5位に「ポーク生姜焼き幕ノ内弁当」がランクインした「きんせい堂」は、京風出汁巻き玉子が看板料理のお弁当店です。同店で注文実績を見るとサラダ類は昨年よりも注文数が減っている一方で、「牛ポンズ焼肉幕ノ内弁当(前年同月比200%)」、「なすの揚げだし煮(同188%)」、「唐揚げ弁当(同180%)」、「タルタルマッシュポテト(同157%)」といったボリュームのあるお弁当や作るには手のかかるお惣菜の注文数は伸びており、出前では普段家で作らないものを注文したいというニーズがうかがえます。

今後も『出前総研』では、最新の出前・デリバリーに関する調査研究と情報発信を行って参ります。

※本リリースに記載されている会社名および商品・サービス名は、各社の商標または登録商標です。

※本レポートの商品価格はすべて税込価格です。また、価格は地域によって異なる場合があります。


【調査概要】
北海道の2016年12月と2017年12月の商品出数を元に独自の算出方法で集計

出前総研 blog

日本最大級の宅配ポータルサイト『出前館(https://demae-can.com/)』に蓄積してきたデータベースをもとに、出前・デリバリーを含む中食に関する領域を総合的に調査・研究し、情報発信していきます。